マネーリテラシー(雇用保険編)

ゆいき100万への道」#3

今回は、オーガナイザーの話はないです。
ゆいきちゃんの価値観やお金の使い方などの分析して、スモールステップ作って…
仮説と検証をする…なんていう以前のお話
いわいる「マネーリテラシー」っていうところです。

失業保険ってなに
失業給付金申請してないってどういうことだ???
会社を辞めるときにやらなくてはいけないことなに?
退職時には、基本人事の方がご案内くれますが、
人に教えてもらわなくても知っておきましょう!!!

まず前職会社からひかれていたものって知ってる?

  • 所得税
  • 住民税
  • 健康保険
  • 厚生年金
  • 雇用保険(労働保険)

こちらは国民の義務です(笑)
逃れられない!のであきらめてください。
とはいえ、節税やとても優秀な制度なので、理解して活用することをお勧めします。

民間の保険に下手に入る前にまず国の制度をしっておきましょう。

退職時の常識「失業給付」
今回ゆいきちゃんには急ぎでやってほしいし、
理解してもらいたいのが雇用保険です!!

雇用保険ってなに?

労災保険と雇用保険は労働者にとって大変問題となる
「働けない状態」に備える保険制度で、これらの総称が「労働保険」です
内訳は、労働者災害補償保険(一般に「労災」)と雇用保険。です。

雇用保険は、基本的に毎月支払われる賃金総額の3/1000の料率で
計算されて給与から天引きされます。
事業主はもほぼ同等料率(業種で異なる)納めています。

つまり、自己負担少なく、国やみんなで困ったら助けあおうという制度!!

保険と労災保険の違い

項目雇用保険労災保険
保険料の担事業主と労働者事業主
目的労働者の生活・雇用の安定就職の促進仕事中・通勤中に起きた負傷・疾病傷害・死亡への保障

 「労災保険とは」

労働者が業務上又は通勤中の負傷、病気に見舞われたり、死亡された場合に
被災労働者や遺族を保護するためのもの、
労働者の社会復帰の促進
労働者の福祉の増進を図るための事業もやってます。

←なので、業務上おこりえたことはすべてこちらでカバーできます。
とはいえ、会社側としてこれはあまり使いたくない保険なんです。
詳細はまた今度

「雇用保険給付の種類」

   労働者が失業した場合に、労働者の生活の安定を図るとともに、
再就職を促進するため必要な給付を行うもの。
また失業の予防、雇用構造の改善等を図るための事業も行っています。
以下の表がすべて給付内容です。たくさんありますよね…

こちらがまさに今回のテーマです。
こちらは週20時間以上勤務するかたは絶対加入です。
しかも保険料率は3/1000!!!ものすごい安い掛け金で、手厚い保証がついています。

退職前に確認すること

雇用保険に加入してる?
とはいえ加入してないともらえないので調べましょう。
最悪加入していなくても、さかのぼって加入できるので一度調べてみましょう!!

①失業手当(求職者給付の基本手当)

会社を離職後、次の仕事が見つかるまでの生活を安定させるために給付される手当です。
<受給要件>
①積極的に就職しようとする意思があること
②いつでも就職できる能力(健康状態・環境など)があること
③積極的に仕事を探しているにもかかわらず、現在職業に就いていないこと
原則として4週間に一度、指定日にハローワークに出向いて失業の認定
(失業状態であることの確認)。
→以下の場合は受給要件に該当しないため、失業手当を受給できません。
1)病気やけがのため、すぐには就職できないとき→別の保障になります。
2)妊娠・出産・育児のため、すぐには就職できないとき→別の保証になります
3)定年などで退職して、しばらく就職するつもりがないとき
4)結婚などにより家事に専念し、すぐに就職することができないとき
④離職の日から遡って過去2年間に、雇用保険の被保険者であった期間が通算して12ヶ月以上あること

→ゆいきちゃんはすべてに当てはまるのですぐにGO!!
しかも、離職理由が契約満了なので、待機7日間で支給されます

(自己都合退職だと2か月の待機期間後の受給になる)

<受給期間>
特定受給資格者(倒産や解雇などで離職したかた)及び特定理由求職者(契約満了など)

一般受給資格者(自己都合の離職など)

失業手当は、ハローワークに申請した日から7日間の待機期間があり、その後雇用保険受給説明会に出席→失業認定→失業手当受給

<給付金額>
給付金額は、原則:離職した日の直前6か月の月収(賞与等は除く)の合計を180で割って
算出した金額(賃金日額)のおよそ50~80%(60歳~64歳については45~80%)が基本手当日額です。
(ただし、年齢区分ごとにその上限額あり。表参照)

(令和2年8月1日現在)

→ゆいきちゃんの場合、最大6850円×90日=616500円!!!なんで、早くいこ!!
待機期間は、「ハローワークに申請した日」から、故に!!
離職票を受け取ったら速やかに手続き!!

②再就職手当

すぐに就職決まっても…全額失業給付もらえないじゃん…
というおいしいとこ全部ほしい人
でも、ご安心を再就職が決定した場合、基本手当の給付残日数があれば
以下の金額が再就職手当として給付されるよ!!

・給付残日数を2/3以上残して就職した場合:基本手当の残日数の70%×基本手当日額
・給付残日数を1/3以上残して就職した場合:基本手当の残日数の60%×基本手当日額

一定要件あり:全てを満たすことが必要です

1.基本手当の支給の残り日数が給付期間の3分の1以上あること
2.確実に1年以上勤務すること
3.再就職先が離職前の事業所と異なり、離職前の事業所とのつながり(資金面や人事などに関して)がないこと
4.再就職手当の給付が決定されるまでに離職していないこと
5.求職申込時にすでに内定していた職場での再就職ではないこと
6.3年以内に、再就職手当や常用就職支度手当てを受け取っていないこと
7.雇用保険の被保険者になっていること
8.待機期間が終わっていること

③就業促進定着手当

再就職手当の受給者が6カ月以上、+離職前よりも低い給与で雇用されている場合に支給。
→再就職手当の2階建てですね!!

④教育訓練給付金

キャリア形成を支援:厚生労働省が認めた教育訓練を受けた際に支払った費用の一部を給付
在職中にも使えるので是非ご検討あれ!!

「一般教育訓練給付」
「特定一般教育訓練給付」
「専門実践教育訓練給付」

の3つに分けられており、受講費用の20%(上限10万円)〜50%(上限年間40万円)
希望する資格取得など、まずは一旦対象の教育訓練かどうか調べてみるのをお勧めします、
厚生労働省の「教育訓練講座検索システム

まとめ

今回ゆいきちゃんの失業に合わせて、
給与から引かれていたものを、ちゃんと使おう!!
国民の義務を果たし、制度をちゃんと活用しようというお話です。

ちょっと難しいし長いとは思いますが、失業した際には、きっとお役に立つと思います。
マネーリテラシーってこういうことから始まるよね(笑)

そんなゆいきちゃんブログはこちら
https://www.yukwi.com/save-one-million-2-20210521/

【お知らせ】ライフオーガナイザーとは、主に物をお片付けすることが通常ですが、

私がオーガナイズするのは以下2点です。
整理して仕組化するというオーガナイズの考え方を応用して、サポートしていきます。

・バックオフィスの整理・仕組化
(フリーまたは起業して仕事はうまく回ってるけど、総務系や経理系、行政関係。
やらないといけないけど、とりあえず目の前をこなしているという方)
(情報・連絡ツールが多すぎて、管理しきれないという方)

・お金、運用の整理・仕組化
(マネーリテラシーっていうけど、簿記勉強?社労士?FP?情報が多すぎで何が正解かわからない方)

ご依頼いただければ、一緒に整えていきます。ご連絡ください。

◆ライフオーガナイザー@miwako

事・物を整えて仕組み化することで余白を作る

楽しさを求めて仕組み化

5 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です